国際結婚の方法や配偶者ビザ取得の方法について

留学・技能実習から日本人配偶者等にビザを変更する場合

留学と技能実習から、結婚ビザに変更するときの注意点です

 

留学の場合

現在留学中に結婚する場合

特に日本語学校は、どのような事情があるにせよ、
在校生の途中退学を嫌います。
中退者を10人以上出してしまうと、
次年度の生徒募集の基準が高くなることがあり得るからです。

 

卒業まで待つか、学校側にきちんと事情を伝え、
除籍ではなく退学の方向で持っていくのか、どちらかです。
(除籍になってしまうと、出席証明書、成績証明書を
学校側が出してくれません)

 

留学終了後に結婚する場合

学校卒業後、就労系のビザではなく、日本人配偶者ビザに
変更する場合です。
この時には、学校卒業から3か月以上期間が開かないように
申請してください。
また、学校卒業後は、ビザが残っていても資格外活動が出来ませんので、
注意してください。

 

既に退学してしまったが、まだ留学ビザは残っている場合

退学してしまってから、どのくらいが経過しているか?(3か月以内か?)
退学後、専ら就労をしていないか?

 

この上記2点に該当する場合、変更許可を得ることは非常に困難です。
明確な法律違反(不法就労)に該当するからです。

 

色々、手立ては講じますが、私でさえも難しい。
ただ、貴方の愛が真実で、かつ諦めなければ、方法はあります。

 

 

技能実習の場合

技能実習は、実習終了後帰国することが前提のビザのため、
他の就労系のビザに変更することはできません。
唯一可能なのが、日本人の配偶者等のビザです。

 

それだけに、悪用を警戒されるので、
文書の信ぴょう性を高めるよう、注意してくださいね。

 

特定活動(難民申請中)から配偶者ビザへ変更する場合は、こちらへ

 

国際結婚のご相談、お問合せは、こちらへ

 

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

結婚ビザの申請手続き
国際結婚が成立した後、結婚ビザの申請をどのように行うのか説明します。ビザの在留資格認定証明書交付申請と、在留資格変更許可申請の方法があります。
結婚ビザの申請(在留資格認定証明書交付申請)
結婚ビザを申請する方法について説明します。 在留資格認定証明書交付申請書及び必要書類を、 日本人配偶者の居住地の入国管理局に提出します。
結婚ビザの変更(在留資格変更許可申請)
結婚ビザの変更手続きをどのように行うか説明します。必要書類を集めて、真摯な婚姻と立証し、 在留資格を日本人の配偶者等に変更します。
就労ビザから結婚ビザに変更する場合
就労ビザから、結婚ビザに変更する場合の注意点を説明します。
難民申請から結婚ビザに変更の場合
難民申請から結婚ビザに変更する場合の注意点を説明します。
ビザの更新や変更が不許可になったとき
出国準備や、不法在留から日本人配偶者等のビザを申請するときのことを説明します。非常に困難な申請です。
認定証明書の交付が不交付になったとき
国際結婚にむけて婚姻の方法や、ビザ(配偶者ビザ)取得の方法、手続きについて説明します。
不法滞在(オーバーステイ)と国際結婚について
不法滞在と国際結婚についての説明をします。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声