難民申請から結婚ビザへ変更する

特定活動(難民申請中)から結婚ビザに変更する場合

特定活動(難民申請中)から結婚ビザに
変更する場合の注意点を説明します。

 

特定活動(難民申請中)の在留資格とは

自分が難民だということを、入国管理局に申し立てると、
特定活動という在留資格に変更できます。

 

以前は申請6か月目以降からは、就労制限がなかったため
本来は留学や実習中なのに、自分は難民だと訴え、
学校や技能実習先から失踪して難民申請するケースが多々見受けられました。

 

また、何らかの事情で更新が不許可になったあげく、
それでも本国には帰りたくないとして、難民申請するパターンもありました。

 

しかし、特定活動(難民申請)においては、2018年1月15日に、運用が変更され、
非常に厳しい対応に一気に変化しました。

 

また難民申請の審査結果(難民に不認定)が出て、
次の更新が出来なくなる方が出てきました。
在留期間内に帰国するよう、強く促されます。
それが、あと一週間だったりする!!

 

彼が難民申請中の場合は、とにかく早めに動くことをお勧めします。
せめて、結婚だけでもやっておかないと、それから先が立ち行かなくなっていきます。

 

ただ、日本人の配偶者等の在留資格に変更するのは、
非常に難しい申請になります。

 

それでも、二人の間の愛が真実で、
それを証明できる証拠が存在し、
それなりの覚悟を持った二人なら、
精一杯の努力をすることは可能です。

 

自分でするのは、出来なくはないのでしょうが、
まあ、難しいでしょうね。
私でさえ、正直言って、非常に難しいです。
お困りの方は、ご連絡くださいませ。

 

国際結婚のご相談、お問合せは、こちらへ

 

日本にいるネパール人で、難民条約に基づく本当の意味において、
難民に該当する人を見たことはありません。
10年前、国が荒れていた時代はともかく、
今現在は政治情勢がある程度安定し、
難民申請する要素はないと私は思っています

 

ネパール以外で、本当に難民である方がいる事実は、把握しています。
(本当の難民とは、端的に言えば、本国"政府"からの弾圧を受け、
本国に帰国すると心身に危険が切迫する状態の人のことです)

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

結婚ビザの申請手続き
国際結婚が成立した後、結婚ビザの申請をどのように行うのか説明します。ビザの在留資格認定証明書交付申請と、在留資格変更許可申請の方法があります。
結婚ビザの申請(在留資格認定証明書交付申請)
結婚ビザを申請する方法について説明します。 在留資格認定証明書交付申請書及び必要書類を、 日本人配偶者の居住地の入国管理局に提出します。
結婚ビザの変更(在留資格変更許可申請)
結婚ビザの変更手続きをどのように行うか説明します。必要書類を集めて、真摯な婚姻と立証し、 在留資格を日本人の配偶者等に変更します。
就労ビザから結婚ビザに変更する場合
就労ビザから、結婚ビザに変更する場合の注意点を説明します。
留学・技能実習から結婚ビザに変更する場合
留学生・技能実習生が結婚ビザに変更したいときの注意点です。
ビザの更新や変更が不許可になったとき
出国準備や、不法在留から日本人配偶者等のビザを申請するときのことを説明します。非常に困難な申請です。
認定証明書の交付が不交付になったとき
国際結婚にむけて婚姻の方法や、ビザ(配偶者ビザ)取得の方法、手続きについて説明します。
不法滞在(オーバーステイ)と国際結婚について
不法滞在と国際結婚についての説明をします。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声