国際結婚の婚姻届の書き方

国際結婚の婚姻届の書き方について

婚姻届

国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。
日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。

 

婚姻届の書き方で、気を付けることはありますか?

  1. 氏名・・・外国人は漢字(中国や韓国など)またはカタカナで記入します
  2. 生年月日・・・外国人は西暦で記入します
  3. 住所・・・日本で住民登録する場所か、本国の住所のどちらかです
  4. 本籍・・・国名を記入します
  5. 父母の氏名・続き柄・・・カタカナで記入します
  6. 新しい夫婦の姓・・・チェックを付けません。原則、国際結婚では姓は変わりません。
  7. 新戸籍・・・新しく戸籍を作る住所を記載します。
  8. 同居を始めたとき・・年月を記入します
  9. 初婚・再婚の別・・・?及び年月日を記入します
  10. 届出人署名・・・パスポートと同じ氏名を記載します。外国人は押印不要です

参考に、神戸市の国際結婚するときの婚姻届けの書き方を載せておきます。

 

婚姻届け記載について、気を付けることは何ですか?

外国人氏名は、原則カタカナで行う
入管に提出するビザの書類は、原則ローマ字記載ですが、
市役所はカタカナです。(漢字圏を除く)
戸籍にもカタカナ記載されますので、注意してくださいね。

 

署名欄の記載は、必ず本人に
その他の事項については、代筆が可能です。

 

婚姻届けの証人欄で、気を付けることはなんですか?

結婚届には、必ず二人の証人が必要です。
証人は日本人でも、外国人でも構いませんが、
20歳以上で、かつ日本に住民票がある人です。
(在留カードに住所の記載があれば、住民票があります)

 

  1. 署名欄は、必ず本人が行う。日本人ならば、印鑑が必要
  2. 住所は、住民票のある場所を記入する
  3. 本籍は、日本人ならば本籍地、外国人ならば国籍を記入する

婚姻届けの証人は、日本人配偶者等のビザに変更するときに、
どのような関係か書くことがあります。
なるべくお二人に近い間柄で、結婚を後押ししてくれる方を
記入しましょう。

 

婚姻届けは、書きあがりましたか?

 

国際結婚と苗字は、こちらへ

 

国際結婚の婚姻届提出時の必要書類は、こちらへ

 

 



このページの先頭に戻る

 


関連ページ

国際結婚を成立させる方法
ここからは、国際結婚の方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、4つのパターンに分かれます。
国際結婚するにあたり、必要な書類
国際結婚で使用する必要書類について説明します。婚姻要件具備証明書がある国は取得し、ない国はそれ相当の書類を準備します。
国際結婚と苗字
国際結婚における苗字をどうするか、実体験を踏まえて説明します。原則は夫婦別姓ですが、婚姻時に選択して、彼の苗字に変更することも可能です。
国際結婚の婚姻届提出時の必要書類
国際結婚の婚姻届を提出する際の必要書類について説明します。また、当日に受理されるとは限りませんので、その時の流れを説明します。
国際結婚と国籍、戸籍について
国際結婚において、国籍や戸籍がどうなるか説明します。子どもの国籍についても、説明します。
再婚における国際結婚について
再婚による国際結婚の場合を説明します。初婚同士が結婚する場合と異なり、女性側に再婚禁止期間があります。
国際結婚の手続き(フランス編)
国際結婚の手続きについて説明します。海外で先に婚姻を成立させ、それを、日本大使館または領事館に届出をする、もしくは帰国後に役場に届け出ることで、両国での婚姻を成立させます。
国際結婚の手続き(ネパール編)
国際結婚の手続きにおいて、ネパールで婚姻を成立させる方法を説明します。
各国の大使館に、婚姻の届出をする
日本方式での婚姻が終了しました。 次は、各国の大使館に、日本での婚姻を報告し、 相手国での婚姻も成立させます。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声