各国の大使館に、婚姻の届出をする

各国の大使館に、婚姻の届出をする方法

日本方式での婚姻が終了しました。
次は、各国の大使館に、日本での婚姻を報告し、
相手国での婚姻も成立させます。

 

これは、どの国でも出来るという訳ではありません。
現にネパール大使館は、国籍や戸籍の業務を
全く取り扱ってくれないので、すべて本国で行うよう
言われます。
・・・ネパール大使館、本当に、もう少しどうにかしてほしいです(泣)

 

ネパールでは参考にならないので、フランスの例を紹介します。
各国の大使館によって、提出書類等が異なりますので、ご注意ください。

 

日本の婚姻が成立したら、日本の婚姻届記載事項証明書を入手します。
(市役所等で入手できます)

  • フランス書式の婚姻届出書(仏大使館にあります)
  • 婚姻事項記載証明書(原本)
  • 婚姻事項記載証明書のアポスティーユ
  • 婚姻事項記載証明書の仏語訳(本人作成でも可)

以上の書類をフランス大使館に提出(または郵送)し、
約1カ月後、婚姻が成立します。
フランスの、婚姻証書謄本と、家族手帳が発行されます。

 

(この際、面接が必要になる場合があります)

 

フランスの婚姻届けの提出は、日本であろうと、フランスであろうと、
必ず本人が市役所に行かなければならないという規則があります。
よって、日本方式の婚姻の場合においても、
フランス人本人が、日本の市役所に確実に行って、婚姻届けを
提出したか、確認されます。

 

注意しましょう。

 

 

これで、日本方式による、国際結婚が両国で成立することになります。
海外で生活する場合は、海外の滞在ビザの申請手続きを、
日本で生活する場合には、結婚ビザ申請手続きに入ります。

 

相手国での婚姻が成立しない状態で、結婚ビザに変更できるかどうかは、
地方入国管理局によって、若干対応が異なっているようです。
必ず、本人で確認するか、又はご連絡ください。
(もちろん、双方の国で婚姻を成立させるのが、原則です)

 

日本で有効に婚姻が成立すれば、相手国の大使館で
婚姻の届出をする必要がない国があります。
日本の婚姻が、ダイレクトに本国で有効になるという規定がある国です。
代表は、米国、中国。
なお、中国では、日本で婚姻が成立すれば、中国側の届出は必要ありませんが、
戸口簿を、「独身」から「既婚」に変更することが必要なようです。

 

結婚ビザの申請手続きについては、こちらへ

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

国際結婚を成立させる方法
ここからは、国際結婚の方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、4つのパターンに分かれます。
国際結婚するにあたり、必要な書類
国際結婚で使用する必要書類について説明します。婚姻要件具備証明書がある国は取得し、ない国はそれ相当の書類を準備します。
国際結婚の婚姻届の書き方
国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。
国際結婚と苗字
国際結婚における苗字をどうするか、実体験を踏まえて説明します。原則は夫婦別姓ですが、婚姻時に選択して、彼の苗字に変更することも可能です。
国際結婚の婚姻届提出時の必要書類
国際結婚の婚姻届を提出する際の必要書類について説明します。また、当日に受理されるとは限りませんので、その時の流れを説明します。
国際結婚と国籍、戸籍について
国際結婚において、国籍や戸籍がどうなるか説明します。子どもの国籍についても、説明します。
再婚における国際結婚について
再婚による国際結婚の場合を説明します。初婚同士が結婚する場合と異なり、女性側に再婚禁止期間があります。
国際結婚の手続き(フランス編)
国際結婚の手続きについて説明します。海外で先に婚姻を成立させ、それを、日本大使館または領事館に届出をする、もしくは帰国後に役場に届け出ることで、両国での婚姻を成立させます。
国際結婚の手続き(ネパール編)
国際結婚の手続きにおいて、ネパールで婚姻を成立させる方法を説明します。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声