配偶者ビザの変更(在留資格変更許可申請)

配偶者ビザ変更は、どのように行いますか?(在留資格変更許可申請)

配偶者ビザの変更手続きをどのように行うか説明します。
必要書類を集めて、真摯な婚姻と立証し、
在留資格を日本人の配偶者等に変更します。

 

配偶者ビザへの変更は、どのような時に可能ですか?

  • 現在中長期のビザを持っている
  • 日本在留中に、認定証明書の交付があった
  • やむを得ない事情があり、短期滞在ビザ又はノービザから変更する

 

現在中長期のビザを持っている

現在、中長期のビザ(就学や就労のビザ)を持っていて、
外国方式と日本方式の両方の婚姻が成立している場合に
就学ビザや就労ビザから配偶者ビザへ在留資格変更の手続きを行います。

 

もちろん、婚姻届けを出していても、就学や就労ビザで日本滞在は可能です。
ただ、就学や就労ビザは、仕事の範囲が定められている等により、
結婚したら、配偶者ビザに変更した方がいいと思います。

 

個々の在留資格からの変更は、次ページより記載しましたので、
参照ください。

 

日本在留中に、認定証明書の交付があった

短期滞在ビザで来日している期間内に、
配偶者ビザの在留資格認定証明書交付許可が出た場合は、
申請書と認定証明書を提出し、ビザの変更が可能です。

 

やむを得ない事情があり、短期滞在ビザ又はノービザから変更する

入国管理局の相談窓口で、変更申請が可能かどうか
審査官に相談した上で、変更申請が可能です。
(これは、非常に難しいです。本国に帰れない、合理的な事情が必要です。
書類を受け取ってもらえずに、帰ってから認定証明書の申請をするよう
アドバイスされる場合がほとんどです)

 

 

ビザ申請時に提出する書類一覧
  1. 在留資格変更許可申請書(写真添付)
  2. 配偶者(日本人)の戸籍謄本(婚姻事実の記載があるもの)
  3. 婚姻届受理証明書(上記の戸籍謄本に、婚姻事実の記載がない場合)
  4. 外国の機関から発行された、結婚証明書
  5. 結婚証明書の翻訳文
  6. 配偶者(日本人)の住民税の課税(または非課税)証明書
  7. 配偶者(日本人)の納税証明書(一年間の総収入及び納税状況が分かるもの)
  8. 身元保証書(身元保証人は、日本に在住する配偶者になっていただきます)
  9. 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
  10. 質問書
  11. 質問書添付書類
  12. スナップ写真(3〜4枚以上)
  13. 申請人(外国人)の在留カード(短期滞在を除く)
  14. 申請人(外国人)のパスポート
  15.  

    申請書類については、法務省ホームページに記載されて
    いますので、合わせてご覧ください。

変更申請は、原則としてその外国人が日本に在留しているので、
外国人本人が行います。

 

全ての書類が揃ったら、入国管理局に書類を提出します。
申請人本人が日本にいるので、本人(外国人)が提出します。

 

それから、いざとなったときに、提出書類の内容が分かるように、
全ての書類をコピーし、保管しておいてください。

 

在留資格認定証明書の申請取次を行っております。
ご自分で行く時間がない方、申請書類をどう書けばいいかわからない方は、
ご相談又はご依頼下さい。
国際結婚のお問合せ、ご依頼はこちらへ

 

 

入国管理局から、許可のはがきが届きました。どうしたらいいですか?

はがきの収入印紙4000円の欄にチェックがあったら、
ほぼ変更許可が出ていると思われます。
認定証明書交付申請では費用は掛かりませんが、
変更申請には4000円の費用がかかります。
収入印紙を4000円分用意し、はがき、在留カード、パスポートを持参し、
入国管理局に受け取りに行きましょう。

 

ピカピカの、在留カードと、その在留資格の欄に、
日本人の配偶者等という記載があると思います。
よく、頑張りましたね!
お幸せに!(^−^)!

 

入国管理局から、追加書類提出通知書がきました。どうしたらいいですか?

入国管理局が、あなたの在留と婚姻に対し、
許可を出すべきか悩んでいるということです。
速やかに、追加書類を提出しましょう。
追加書類と、はじめに提出した書類の間に、
矛盾がないようにしなければなりません。
難しい判断が求められますので、専門家に依頼を検討した方がいいと思います。

 

入国管理局から、不許可の通知がきました。どうすればいいですか?

不許可らしい通知の見分け方は、あります。

  • 収入印紙の欄に、チェックがない
  • 現金で4000円用意するように書かれている
  • 必ず本人が出頭してくださいと書いてある

 

このうちの、どれかに該当していれば、不許可の可能性が高いです。
また、はがきではなく封書で、不許可通知が送られてくることもあります。

 

まずは、入国管理局に行き、理由を聞いたうえで、
再申請の可能性を探っていくことになります。
この時に、出来れば一人で行かずに、
入管専門の行政書士と同行することをお薦めします。

 

変更申請時の不許可の理由には、変更前の在留資格の時に行っていた活動
(留学や就労の状態など)に在留不良がある場合と、
交流の実績が不十分で、日本人配偶者の該当性がない等の理由があります。
(例えば、留学なのに学校に行かず、アルバイトばかりしている。
その上で、彼女が出来たので結婚しようとしている・・・など)

 

不許可の場合、特定活動の出国準備ビザになることが多いです。(30日か31日)

 

出国準備ビザの期間内に、そのまま再申請する場合もありますし、
ほかの在留資格(留学や技人国等)への変更を検討する場合もあります。
また、本国にいったん帰国し、在留資格認定証明書よる申請を
検討した方がいい場合なども多々あります。
(不許可の理由によって、対応が異なります)
どのやり方をしていったらいいのかは、専門家でも悩むところなので、
ケースに合わせて丁寧に判断していくことが必要です。

 

 

それでも、

 

あなたの愛が、本物なら、本物を立証できるなら、乗り越えていけるでしょう。
(時間がかかりますが・・・)
じっくりと、腹を据えて、それでも前に向かっていく強い気持ちならば、
私で良ければ付き合いますよ!!

 

追加書類提出通知書・不許可等のご相談を承ります。

 

まとめ

国際結婚の手続きの正念場です。特に、変更申請は不許可になったら
日本と本国とで離れ離れになることも多く、非常に厳しい申請の一つです。

 

覚悟をもって、誠実に申請書を作っていくしかないのですが、
それでも、専門家であってさえも、考え抜いて申請書を書き上げた後、
祈るような気持ちになります。
それだけ、難しい申請です。

 

 

 

就労系の在留資格から配偶者ビザへ変更する場合は、こちらへ

 

留学・技能実習から配偶者ビザへ変更する場合は、こちらへ

 

特定活動(難民申請中)から配偶者ビザへ変更する場合は、こちらへ

 

 

国際結婚のお問合せ、ご依頼については、こちらへ

 

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

国際結婚したいかどうかと、離婚率
外国人と恋愛をして、国際結婚すべきかどうか悩まれている方のために、考慮した方がいいことを説明します。国籍や宗教による困難が予想される場合、 経済的基盤、親の反対などです。
国籍や宗教によって、困難が予想される場合
相手の国籍や宗教によって、国際結婚の生活そのものや、手続きに困難が予想される場合が実際には存在します。あらかじめ予想される場合、どのような点を注意すべきか説明します。
経済的基盤と、国際結婚との関係
国際結婚において、経済的基盤はがきちんとしていることは、とても大切です。外国人本人ではなく、結婚する日本人(=身元保証人)の収入が安定しているか、相手を扶養していく能力があるかを審査されるためです。
親が国際結婚に反対!
国際結婚すると、お互いのご両親に告げて、「いいよ!」と快く返事をする親は、そうはいないと思います。自分側の両親が反対したとき、相手側の両親が反対したとき、考えてほしいことを説明します。
国際結婚を成立させる方法
ここからは、国際結婚の方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、4つのパターンに分かれます。
外国方式による国際結婚の手続き(フランス編)
外国方式による国際結婚の手続きについて説明します。海外で先に婚姻を成立させ、それを、日本大使館または領事館に届出をする、もしくは帰国後に役場に届け出ることで、両国での婚姻を成立させます。
外国方式による国際結婚の手続き(ネパール編)
国際結婚の手続きにおいて、外国方式の結婚・入籍の方法を、ネパールの例で説明します。
婚姻届提出のために来日する
日本人同士ならば、一人だけで婚姻届の提出が可能ですが、 国際結婚において、相手の外国人の来日は必要です。来日する際に、本国より持参する必要書類を説明します。
国際結婚するにあたり、本国から持参する書類
国際結婚にむけて婚姻の方法や、ビザ(配偶者ビザ)取得の方法、手続きについて説明します。
国際結婚の婚姻届の書き方
国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。
国際結婚と苗字(姓)
国際結婚における苗字(姓・氏)をどうするか、実体験を踏まえて説明します。
市町村役場に、婚姻届を提出する
国際結婚の婚姻届を市町村役場に提出する際の必要書類について説明します。また、当日に受理されるとは限りませんので、その時の流れを説明します。
各国の大使館に、婚姻の届出をする
日本方式での婚姻が終了しました。 次は、各国の大使館に、日本での婚姻を報告し、 相手国での婚姻も成立させます。
配偶者ビザの申請手続き
婚姻届けを提出し、国際結婚が成立した後、 配偶者ビザの申請をどのように行うのか説明します。配偶者ビザの在留資格認定証明書交付申請と、 在留資格変更許可申請の方法があります。
配偶者ビザの申請(在留資格認定証明書交付申請)
配偶者ビザを申請する方法について説明します。 在留資格認定証明書交付申請書及び必要書類を、 日本人配偶者の居住地の入国管理局に提出します。
就労系の在留資格から配偶者ビザに変更する場合
就労系の在留資格から、日本人配偶者ビザに変更する場合の注意点を説明します。
留学・技能実習から配偶者ビザに変更する場合
留学生・技能実習生が日本人配偶者等のビザに変更したいときの注意点です。
特定活動(難民申請)から配偶者ビザに変更の場合
特定活動(難民申請)から配偶者ビザに変更する場合の注意点を説明します。
出国準備・オーバーステイから配偶者ビサへの変更
出国準備や、不法在留から日本人配偶者等のビザを申請するときのことを説明します。非常に困難な申請です。

 
国際恋愛の方法 国際結婚の手続き 国際結婚後の手続き 国際結婚手続きの費用 お問合せ