国際結婚するにあたり、必要な書類

国際結婚するにあたり、必要な書類はなんですか?

翻訳中

 

国際結婚で使用する必要書類について説明します。
婚姻要件具備証明書がある国は取得し、
ない国はそれ相当の書類を準備します。

 

市役所に提出する際には、英文であっても必ず
翻訳が必要です。
翻訳には、多少苦労しています・・・。

 

結婚要件具備証明書が発行される国の場合

本人の国籍によって、婚姻要件具備証明書が発行可能な国があります。
国家が、ある個人が婚姻要件を満たしていることを証明する書類です。

 

日本の本国大使館が発行する場合と、
本国の政府機関でしか発行できない場合と、
国籍によって対応は様々です。

 

婚姻要件具備証明書が発行される国の場合、
その次の市役所への届出は、比較的容易です。
相手国が婚姻できるよ!と保証していることになるからです。

 

婚姻要件具備について、詳細はお問合せ下さい。

 

 

結婚要件具備証明書が発行されない国の場合

婚姻要件具備証明書が発行されない国があります。
ネパール、インド、中東、ミャンマーなど

 

この場合、婚姻の根拠となる書類をきちんと集め、
本国認証等を行って、書類に信ぴょう性を持たせていきます。
(ネパールの場合、認証のない書類は提出できません)

 

収集書類の説明及び本国認証については、
個別にご説明しますので、ご連絡ください。

 

また、ネパールの場合、在日本ネパール大使館による
大使館印の取得も必要です。東京のネパール大使館のみ可能。

 

提出書類の収集方法、翻訳、その他は、
相手の国籍と提出する市役所により異なります。
また、市役所は英文の書類でも翻訳が必要です。
全ての日本語訳が必要となりますのでご注意ください。

 

おまけ

婚姻成立のための書類作成業務も行っています。
@婚姻成立のための本国書類取得のアドバイス
A書類及びパスポートの翻訳
B在日本ネパール大使館印の代理取得
C婚姻具備証明書が出ないことの申述書等

 

婚姻届の記載と、市役所の提出は、ご本人でお願いします!

 

国際結婚のご相談、お問合せはこちらへ

 

 

なお、戸籍やそれに類似するシステムがない国
(インド・パキスタン・バングラデシュ・マレーシア・ペルーなど)
では、独身を証明する手続きが非常に複雑です。
ご注意ください。

 

 

いよいよ、核心に近づいてきました。
これからが長い正念場です。
頑張りましょう。

 

国際結婚の婚姻届の書き方についてはこちらへ

 

国際結婚と苗字はこちらへ

 

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

国際結婚を成立させる方法
ここからは、国際結婚の方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、4つのパターンに分かれます。
国際結婚の婚姻届の書き方
国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。
国際結婚と苗字
国際結婚における苗字をどうするか、実体験を踏まえて説明します。原則は夫婦別姓ですが、婚姻時に選択して、彼の苗字に変更することも可能です。
国際結婚の婚姻届提出時の必要書類
国際結婚の婚姻届を提出する際の必要書類について説明します。また、当日に受理されるとは限りませんので、その時の流れを説明します。
国際結婚と国籍、戸籍について
国際結婚において、国籍や戸籍がどうなるか説明します。子どもの国籍についても、説明します。
再婚における国際結婚について
再婚による国際結婚の場合を説明します。初婚同士が結婚する場合と異なり、女性側に再婚禁止期間があります。
国際結婚の手続き(フランス編)
国際結婚の手続きについて説明します。海外で先に婚姻を成立させ、それを、日本大使館または領事館に届出をする、もしくは帰国後に役場に届け出ることで、両国での婚姻を成立させます。
国際結婚の手続き(ネパール編)
国際結婚の手続きにおいて、ネパールで婚姻を成立させる方法を説明します。
各国の大使館に、婚姻の届出をする
日本方式での婚姻が終了しました。 次は、各国の大使館に、日本での婚姻を報告し、 相手国での婚姻も成立させます。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声