再婚による国際結婚について

再婚における国際結婚について

ブーケ

 

再婚における国際結婚について説明します。
考慮することは二つあります。
@女性が再婚禁止期間に該当していないか?
A結婚と離婚を繰り返していないか?

 

女性の再婚禁止期間について

日本の民法において、女性のみ再婚禁止期間が定められています。
これは、結婚する彼女が外国人の場合でも、同じです。
2016年6月7日より、民法が改正され、前婚の離婚日から100日が経過すれば、
離婚届の提出が可能です。
また、離婚の際に妊娠していない場合には、再婚禁止期間の規定を
適用しないことも出来ます。

 

なぜ、再婚禁止期間があるのですか?

日本の法律では、婚姻期間中及び離婚後300日以内に生まれた子供は、
離婚前の夫の子供と推定します。
これを、「嫡出推定」と言います。

 

この再婚禁止期間を経過しないと、妊娠した際に
前婚の子どもか後婚の子どもか、争いになってしまいます。
法的に必要な期間ですので、過ぎるのを待つしかないですね。

 

なお、男性にはこのような再婚禁止期間はありません。
翌日には再婚も、可能です。

 

外国人女性が別の男性と婚姻中、または再婚禁止期間に妊娠した場合

非常に困りましたね・・・。
胎児認知や認知届の提出が、出来なくなってしまう。
法律上の父は、「嫡出推定」により、前婚の男性だからです。

 

「嫡出否認の訴え」など、裁判手続きにより、父を確定させることになります。
(ここまで行くと、行政書士ではなく、弁護士さんの領域です)

 

段取りを踏んで、丁寧に進むことが、再婚においては特に大切です。

 

結婚と離婚を繰り返している場合

とくに、外国人との結婚と離婚を繰り返している場合、
結婚に問題自体はありませんが、配偶者ビザの取得の
審査が厳しくなります。

 

充分な交際を行い、信ぴょう性を高めるよう努力してくださいね。

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

国際結婚を成立させる方法
ここからは、国際結婚の方法を説明します。 どちらの国で先に結婚・入籍するのか、結婚後の生活の拠点をどこにするのかによって、4つのパターンに分かれます。
国際結婚するにあたり、必要な書類
国際結婚で使用する必要書類について説明します。婚姻要件具備証明書がある国は取得し、ない国はそれ相当の書類を準備します。
国際結婚の婚姻届の書き方
国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。
国際結婚と苗字
国際結婚における苗字をどうするか、実体験を踏まえて説明します。原則は夫婦別姓ですが、婚姻時に選択して、彼の苗字に変更することも可能です。
国際結婚の婚姻届提出時の必要書類
国際結婚の婚姻届を提出する際の必要書類について説明します。また、当日に受理されるとは限りませんので、その時の流れを説明します。
国際結婚と国籍、戸籍について
国際結婚において、国籍や戸籍がどうなるか説明します。子どもの国籍についても、説明します。
国際結婚の手続き(フランス編)
国際結婚の手続きについて説明します。海外で先に婚姻を成立させ、それを、日本大使館または領事館に届出をする、もしくは帰国後に役場に届け出ることで、両国での婚姻を成立させます。
国際結婚の手続き(ネパール編)
国際結婚の手続きにおいて、ネパールで婚姻を成立させる方法を説明します。
各国の大使館に、婚姻の届出をする
日本方式での婚姻が終了しました。 次は、各国の大使館に、日本での婚姻を報告し、 相手国での婚姻も成立させます。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声