仕事を探そう

外国人配偶者の仕事を探すには、どうしたらいいですか?

結婚が決まって、日本で一緒に暮らすときに、
既に仕事が決まっている人は少ないと思います。
仕事の探し方を説明します。

 

日本語が上手ではないのに、上手く仕事が見つかるだろうかと
心配になる気持ちはよくわかります。
ただ、外国人がこの10年で増加し、それに伴い
働く外国人の姿もよく見られるようになりました。
以前の外国人に対する社会の抵抗感は、
比較的少なくなってきているように思います。

 

仕事の探し方は、大きく3つに分かれます。

  • 公的機関(ハローワーク)等を利用する
  • 派遣会社や人材紹介会社を利用する
  • 自分の身内や、関係先から仕事を紹介してもらう

 

公的機関(ハローワーク)等を利用する

ある程度日本語の能力がある場合、公的機関を利用するのがいいです。
日本人配偶者ビザの場合は、選ぶ職種に制限がないため、
比較的探しやすいと思います。
外国人専門の相談窓口もありますので、
探して行ってみることをお薦めします。

 

なお、公的な機関は、短期滞在ビザの期間中は
求職者登録が出来ません。
日本人配偶者ビザに変更したのちに、登録します。

 

派遣会社や人材紹介会社を利用する

外国人専門の、派遣会社や人材紹介会社もあります。
ただし、高額で、紹介料が給与の3か月分だったりします。

 

自分の身内や関係先から、紹介してもらう

なんだかんだいって、これが一番確実です。
日本人と同じ条件で探すことが出来ますので
(就労できない仕事がないということです)
不当に安い金額で労働契約を行わないようにしてくださいね。

 

職業の安定性は、在留期間の更新時に、必ず評価されます。
ころころと仕事が変わったり、無職の期間が長いなど、
職業が安定しない場合(特に男性)は、
在留期間更新が、常に1年だったりします。

 

仕事に就くときの心構えはありますか?

国によって、(特にネパールは)挨拶の習慣がなかったりします。

 

おはようございます。
すみません。
お世話になっています。
宜しくお願いします。
ありがとうございます。

 

日本人なら、口について当たり前の習慣(?)ですが、
外国人にとって口に出すのが、難しいようです。
まずは、そのような言葉からでも、教えていくといいと思います。

 

また、日本は新人に厳しい文化です。
(大卒の1/3が3年以内に転職するなど)
すぐに辞めたら、また一からになってしまうので、
その辺は文化の違いだと説明して、乗り越えていくことも必要です。

 

それから

いくら、どの職業に就くのも自由だといっても、新婚の外国人の妻に、
風俗営業法にかかる職業に就かせることは、さすがに反対します。
偽装結婚だと思われても、仕方がないです。

 

配偶者ビザの更新(在留期間更新許可申請)はこちらへ

 



このページの先頭に戻る

 

関連ページ

配偶者(外国人)の居住地の届出をする
日本人の配偶者等として、日本に在留する場合には、法律に定められた様々な届出が必要です。 まず、住居地の届出を定めてから14日以内に行います。
外国人の社会保険や年金
外国人でも、社会保険や年金の加入は必要です。 手続きはすべて日本人と同様です。

 
国際恋愛の方法 結婚手続き ビザ手続き 手続きの費用 ご相談、お問合せ先 事務所概要 お客様の声